交通誘導員=ブラックな仕事は
本当なのかを徹底調査

一般道路や高速道路などの工事現場で事故が起こらぬよう、歩行者や自動車を安全に誘導する交通誘導員。人手不足による連勤や屋外での長時間勤務等が多いことから、ブラックな業界とも言われています。
しかし、土日祝休みで社会保険にも加入でき、残業なしで帰れる等、一般的な仕事と同じような働き方をしている交通誘導員も増えてきているようです。

交通誘導員の仕事が
ブラックかどうかは
会社次第

今回、様々な警備会社の労働環境を調査した結果、会社によって働き方への配慮はバラバラで、ホワイトな会社もあればブラックな会社もあることが判明。ホワイトかブラックかの違いは、離職率にも表れており、業界全体の離職率が60%なのに対し、16.6%(※)という警備業界の中で低い離職率の会社も存在していました。

その会社は「アクティサポート」。なぜアクティサポートの離職率が低いのかを調べたところ、「ハードワークすぎない」仕事環境と、「そこそこ稼げる」給与体制であることが分かりました。

※1 参照:警備員求人ラボ(http://警備員求人.biz/mikeiken/)
※2 2020年2月~2020年8月時点の離職率(アクティサポート調べ)

交通誘導員の離職率が低い
アクティサポート
2つの特徴

1.ハードワークすぎない

  • サービス残業ナシだから、無理せず働ける
  • 一人ひとりに合わせた働き方ができるから、長く続けられる
  • 土日祝休み(年間120日以上)だから、しっかり休める
  • 資格を無料で取得でき(※)資格手当がつくので、給料アップも目指せる

※資格取得のためにかかる費用(研修・受験費など)は、アクティサポートが負担。

2.そこそこ稼げる

  • 日給10,000円以上と高め
  • 残業代が出るので、働いた分だけもらえる
  • 賞与が年3回出るので、臨時収入が増える

監修sponsored by
アクティサポート

アクティサポート

引用元:アクティサポートHP
https://www.saiyo-actysupport.com/

稼げて働きやすい環境を
整えられる理由とは

労働環境を整えることを使命とし、仕事を続けたくなるような環境づくりに取り組んでいるアクティサポート。交通誘導員が警察官や消防士のような「なりたい職業」に近づくため、有給・社保・福利厚生を充実させ仕事の待遇を良くする、一人ひとりの希望や働き方に合わせた仕事を紹介する等の企業努力を行っています。

また、働きやすい環境を整えられるもう一つの理由として、アクティサポートが高速道路の仕事を多く請け負っている点もあげられます。

アクティサポートの最新の求人を見る

電話で問い合わせる

「働きやすい環境づくり」を高速道路が支える理由は?
一般道路と比べてみました

交通誘導員でよく見かけるのは一般道路での仕事。駐車場や工事現場での仕事が大半を占めています。そんな一般道よりも、アクティサポートが多く扱う高速道路がなぜ働きやすいのかを見比べていきましょう。

高速道路

日給
21.0万円
日給1万円以上稼げる
月21日間、残業せずに勤務した場合の月収目安は20万円を超えています。
残業時間
平均2~3時間
残業した分だけ稼げる環境
残業代や時間外手当はもちろん支給されます。残業を望んでいない場合は、定時で帰る働き方も可能です。
関わる
通行人
0
通行人との関わりはゼロ
高速道路は自動車専用道路のため通行人は居らず、関わるのは仕事関係者がメイン。一般道路と比べて通行人との関わりも少なくなるため、接客や対応でストレスを感じやすい人にも、おすすめの仕事といえるでしょう。

一般道路

日給
17.6万円
日給は8,400円以上
一般道路の日給は8,400円程度。月21日間、残業せずに勤務した場合は月収17.6万円と、もう少し稼ぎたいところ。
残業時間
平均0.5~1時間
残業が少ない職場環境
実働7~8時間程度。ほとんど残業せず、定刻で退勤しているケースが多いようです。
関わる人数
平均
10人以上
通行人と接する機会が多い
道を聞かれたり、質問されたりと、一般道路の交通誘導員は、通行人と接する機会も少なくありません。通行人とほぼ関わらない高速道路とは対照的と言えます。

ハードワークは嫌だけど、
安定して稼ぎたいなら

高速道路がおすすめ

アクティサポートからのコメント

sponsored by
株式会社アクティサポート
警備部 課長山内さん

高速道路を扱うアクティサポートだから
公務員やサラリーマン並みの待遇を実現

弊社では、従業員の皆が安心して前向きに長く働けるよう、職場環境を整えることに尽力しています。一般道路での交通誘導や雑踏警備の仕事もありますが、従業員の働きやすさを優先させるために、条件の良い高速道路の仕事を多く請け負うようになりました。

例えば、土日祝日休み(休暇は120日以上)や賞与を年3回(※)設ける、社会保険の加入、資格取得のための費用を会社で負担する等、公務員やサラリーマンなど他の職業と同じような待遇を心がけています。

ほかにも、本人の持病や体調、ライフスタイルに配慮した仕事を紹介したり、本人の希望に添う現場を紹介したりしています。この取り組みを自社だけでなく、ゆくゆくは警備業界全体に浸透させていきたいと考えています。

アクティサポートの最新の求人を見る

電話で問い合わせる

交通誘導員はどんな仕事
するのかを知ろう

交通誘導員の主な仕事内容は3つ。「道路での交通誘導」「工事現場での車両誘導」「ショッピングモールなどでの交通誘導」です。

道路での交通誘導の場合、一部区間の道路を通行止めとする場合と、片側通行の場合の2種類があります。片側通行の場合は渋滞が発生しないようにスムーズに誘導するのが、交通誘導員の大事な役目と言えます。

交通誘導員の仕事に資格は必要?

交通誘導警備の仕事は資格を前提とする仕事ではありません。交通誘導警備の現場では、資格よりも実務能力が重視される部分があるため、資格がなくても仕事に就ける可能性はあります。

とはいえ、多くの警備会社では資格取得の体制を整えたり、資格取得者に手当を出したりしているのも事実です。採用にあたっても有資格者を優遇していることは否めません。その理由は、有資格者を配置しなければならない仕事があるためです。

たとえば、高速自動車国道や自動車専用道路で交通誘導警備を実施するにあたっては、警備場所ごとに交通誘導警備業務検定の合格者を1人は配置することとなっています。交通誘導警備業務検定には1級と2級があり、1級は2級合格後に1年以上交通誘導警備業務にあたっている者が受験できる資格です。

また、NEXCO各社の高速道路上における交通規制作業においては、5年以内に公益財団法人高速道路調査会が行う保全安全管理講習会を修了した保全安全管理者がいなければなりません。

警備会社にしてみれば、有資格者の手当ができなければこのような現場の仕事を受注できないことになります。したがって、交通誘導警備員になるなら資格を持っているほうが有利であることは容易に想像できるでしょう。

警備員の資格といえば警備会社に就職してから取得するイメージが強いかもしれません。しかし、交通誘導警備業務検定2級であれば、警備員でなくても受験する手段があります。資格手当が出る可能性もありますし、チェレンジしてみてはいかがでしょうか。

交通誘導と交通整理の違い

交通誘導と交通整理は似てはいるもののまったく異なる業務を指す言葉です。道路を行き交う車や歩行者の交通の安全を確保するという点では似ているともいえますが、それぞれが実施されている場所も違えば、実施している人も違います。

具体的には警備員等の民間人が行っているのが交通誘導で、警察官や交通巡視員が行っているのが交通整理です。交通誘導は一般的に工事現場やその付近で行われますが、交通整理は交差点で信号機故障に対応する形で行われることが多いといえます。

また、勘違いしている人も少なくないようですが、民間人である警備員には法的な権限がないため、警備員が行う交通誘導にも法的な拘束力がありません。一方、法を執行する公務員である警察官や交通巡視員が行う交通整理には法的拘束力があります。ここが決定的な違いといえるでしょう。交通誘導と交通整理の違いについて、さらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

交通誘導と交通整理の違い
について詳しく見る

交通誘導とガードマンとの違い

ガードマンの仕事とは、また交通誘導とはどのような違いがあるのかといった点についてまとめています。交通誘導とは、道路工事の現場や駐車場などにおいて、車や歩行者が安全に通行できるように誘導を行う人を指します。また、ガードマンとは、民家や商業施設、オフィスビルなどにおいて警備を担当する人のことを指しています。そのほか、イベント会場や新しい店がオープンする際に集まった人の安全を守れるように警備を行うのもガードマンの仕事です。

交通誘導とガードマンとの違い
について詳しく見る

警備員と交通誘導員の違い

警備業務には色々な仕事が含まれていますので、まずは警備業務の全体像を知っておく必要があります。警備業務は非常に細分化されていて、第1号から第4号と呼ばれる区分があり、それぞれ第1号警備業務は施設警備業務、第2号警備業務は雑踏警備業務・交通誘導警備業務、そして第3号警備業務は貴重品運搬業務、第4号警備業務は身辺警護業務とされています。

そもそも、第2号警備とは、交通誘導警備や雑踏警備を総称した区分のこと。この第2号業務をさらに細分化すると、主に、交通誘導警備業務と雑踏警備業務に分けられます。これらの業務に就く人を警備員といいますが、一般的に、第二号警備業務の交通誘導警備業務に携わる人を、交通誘導員または、誘導員と呼びます。

警備員と交通誘導員の違いについて、さらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

警備員と交通誘導員の違い
について詳しく見る

交通誘導員の仕事に必要な装備(道具)って何?

交通誘導員の仕事で使用する主な装備(道具)を見てみましょう。

制服
警備会社が用意した制服を着用します。通常は無償で貸与してもらえます。
蛍光チョッキ(反射ベスト)
車のヘッドライトなどに強く反射する黄色いベスト。身の安全を守るための必需品です。
ヘルメット
工事現場での仕事が多いため、当然、ヘルメットを着用します。
誘導棒や手旗
一般車両や工事車両、歩行者などを誘導する際に使用します。
警笛
明確に車両や歩行者等を誘導させたいときや周囲に危険を知らせる際、誘導棒とあわせて使用することがあります。
無線機
他の隊員と情報をやりとりする際の必需品です。
安全靴つま先に頑丈な金属などが入り、かつ滑り止め機能が高い作業靴。万が一の事故の際、被害を少しでも抑えるために使用します。
携帯電話
現場への到着や現場の終了、緊急事態などを管制(本部統括者)に連絡する際、通常は携帯電話を使用します。

交通誘導員の仕事に向いてるのはどんな人?

交通誘導員に向いている人は、主に次に挙げるような人です。

すぐにでもお金を稼ぎたい人

交通誘導員という仕事は、けっこう稼げる仕事です。現場に出られるようになるまでの研修も、さほど多くはありません。すぐにでもお金を稼ぎたいという人には、交通誘導員はとても向いている仕事でしょう。

体力に自信のある人

一日中、立ちっぱなしで仕事をする以上、交通誘導員にはそれなりの体力が求められます。慣れるまでの間は、体力的にきついと感じることもあるでしょう。最初から体力に自信があれば、それに越したことはありません。

焦らず適切な思考ができる人

実際の交通誘導の現場では、マニュアルとは異なる様々な事態が起こりえます。習ったことがない事態が起こったとしても、その場で何が最適かを自分の頭で適切に思考できる人は、優秀な交通誘導員になるでしょう。

報告・連絡・相談(ほうれんそう)ができる人

自分の知識や経験、思考だけでは適切な判断ができない場合には、先輩社員や上司に、速やかに相談をして適切な動きをする必要があります。日頃から報告・連絡・相談(ほうれんそう)を自然にできる人は、交通誘導員に向いていることでしょう。

交通誘導員の
給料明細を大公開

交通誘導員として働く5人のセキュリティスタッフの方の給料明細を公開中。毎月いくら稼いでいるのか、残業代はしっかりもらえているのか、勤務日数が少なくてもそれなりに稼げるのか等、明細ひとつで具体的に分かります。交通誘導員の仕事に興味はあるけれど、給料面が心配という方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、こちらで給与明細をご紹介している5名の交通誘導員は、すべてアクティサポートに所属する方々。従業員の裁量を大切にしている会社なので、ご紹介している給与明細もタイプが様々。残業をやりたくない人、残業をやりたい人、月に空き時間の数日だけ働きたい人、女性の警備スタッフ等、様々な働き方の給与明細をチェックすることができますよ。

その他、給料をさらに上げる方法や、交通誘導員のAとBという種別による待遇の違いなども解説しています。

交通誘導員5人の給料明細を見てみる

資格取得が給料を上げる近道

交通誘導員には、実は交通誘導警備業務検定という国家試験があります。この資格を取得することにより、会社から優遇され給料にも大きく影響を与えるのです。
警備業界は「警備業法」という法律の下で運営されている業界ですが、この「警備業法」の中に、高速道路や国道などの重要な道路で交通誘導業務を行う場合「現場ごとに1名以上の有資格者を置かなければならない」という決まりがあります。逆に言えば、社内に有資格者が増えれば増えるほど、多くの仕事現場を獲得するチャンスも増える、ということ。資格を取得した人は給料が高めになる、というのも納得ですよね。
給料を上げたい方には、まずは交通誘導警備業務検定2級を受験することをおすすめします。

資格取得の有無で違いはある?

交通誘導員には、交通誘導警備員の検定資格を「取得している(A)・していない(B)」の2種類があります。
専門的には、それぞれ「交通誘導員A」「交通誘導員B」と呼ばれます。
「警備業法」によると、重要な道路の交通誘導を行う場合、現場ごとに1名以上の有資格者を配置しなければなりませんが、この際の「有資格者」として認められるのが「交通誘導員A」。具体的には、交通誘導警備業務検定の1級、または2級の合格者です。
これに対して「交通誘導員B」とは、資格を持っていない交通誘導員のこと。実質的には、「交通誘導員Aの指示のもとで働く部下」という位置づけになるため、その分、給与は低めとなります。
少しでも好条件で働きたい人は、早めに資格を取得したほうが良いでしょう。

交通誘導員の仕事のメリット・デメリット

交通誘導員の仕事の主なメリットとデメリットを3つずつ見てみましょう。

メリット

給料が高い

会社にもよりますが、一般に交通誘導の仕事は給料が高いと言われています。特に高速道路の交通誘導は、日給1万円以上になることも珍しくありません。

早めに仕事を覚えられる

最低限の動作を覚えてしまえば、基本的にはすぐに現場で活躍することができます。初心者にとっつきやすい仕事と言えます。

年齢・性別のしばりが緩い

年齢や性別にかかわらず、本人のやる気次第で始められる間口の広さもメリット。「シニアだから」「女性だから」という理由で給料が減額されることはありません。

デメリット

体力的にきつい

夏は暑い中、冬は寒い中、一日中立って緊張して行う仕事です。体力的にきついと感じることもあるでしょう。

天候次第で給料が減ることがある

工事現場の特性によっては、雨が降ると作業が中止になることがあります。作業が中止になれば交通誘導員も不要となるため、予定していた仕事がキャンセルとなり、その分、給料が減ることがあります。

事故に巻き込まれるリスクがある

道路上で仕事をする以上、デスクワーク等に比べて、交通誘導員は事故に巻き込まれるリスクが高いことは確かです。

交通誘導の仕事には、この仕事ならではのデメリットがあることが事実。ただし、それらデメリットをしのぐ大きなメリットがあることも事実です。交通誘導の仕事をお考えの人は、メリット・デメリットをよく比較したうえで、本当に自分に合っている仕事かどうかを考えてみてください。

交通誘導員の仕事のやりがい

交通誘導員という仕事の主なやりがいを2つほど見てみましょう。

社会の役に立っているという実感と誇りを得られる

「これがなければ人間社会が成り立たない」という根本的な社会システム・設備のことをインフラといいますが、交通誘導員が任される現場「道路」は、まさに世の中を代表する巨大なインフラです。道路の工事担当者や交通誘導員がいなければ、この巨大なインフラを守ることはできません。

交通誘導員という仕事の大切さを自覚するとき、ふと、「自分は社会の役に立っている」という深い実感や誇りを得ることができるでしょう。この実感や誇りこそが、交通誘導員という仕事の最大のやりがいではないでしょうか?

頑張れば頑張った分だけ給料に反映される

一部の例外的な会社もあるようですが、基本的に警備業界は「頑張れば頑張った分だけ給料に反映される業界」です。他の業界の中には、残業手当や深夜手当など、各種手当をごまかして計算している会社も少なくありませんが、警備業界は、これらの手当制度が非常にクリーンです。

やる気のある社員にはどんどん仕事を振り、かつ、仕事をたくさんやればやるだけ給料が上がるという点は、交通誘導員の主なやりがいの一つと言われています。

交通誘導員のお仕事Navi
~一般道路編~

交通誘導員のお仕事Navi~一般道路編~

道路での交通誘導員の仕事現場は主に2つの現場があります。それが一般道路と高速道路です。それぞれ収入はもちろん、仕事の内容ややりがいなども異なります。一般道路での交通誘導員の仕事について、きついところややりがい、仕事の流れなどについてご紹介しましょう。

では、一般道路での交通誘導員は主にどんな仕事内容を担当するのか、簡単に見ておきましょう。

先に、交通誘導員の主な仕事内容には「道路での交通誘導」「工事現場での車両誘導」「ショッピングモールなどでの交通誘導」の3つがあると説明しましたが、中でも特に多く見られる仕事が最初の2つ。「道路での交通誘導」と「工事現場での車両誘導」です。

「道路での交通誘導」とは、具体的には通行止め区間に入ろうとする一般車両に合図を送り、通行止めであることを伝えるとともに迂回路の説明なども行う仕事。または、片側通行の区間に入ろうとする一般車両に合図を送り、上りと下りの車両が交互に通行するよう誘導する仕事です。

「工事現場での車両誘導」とは、工事現場の出入口や現場内で、周囲の安全に気を配りながら工事車両を誘導する仕事です。

どのような仕事内容を担当するのであれ、交通誘導員は、人命にかかわる責任重大な仕事を担っていることを自覚しなければなりません。

きついところ

一般道路での交通誘導員の仕事は単純なように見えて、実はきついところもあります。例えばトイレになかなか行くことが出来ず、尿意・便意と闘わなくてはならないなど…。外の仕事ならではのきついところもあるのです。
一般道路での交通誘導員の仕事は単純なように見えて、実はきついところもあります。例えばトイレになかなか行くことが出来ず、尿意・便意と闘わなくてはならないなど…。外の仕事ならではのきついところもあるのです。
ほかにも、高速道路とは違って、通行人と直接接する機会があるため、場合によっては理不尽なクレームを聞かなければならないことがあります。一般車両のドライバーから心無い言葉を投げかけられることもしばしばです。そのような意味では、一般道路での交通誘導員は、心の強さも持ち合わせていなければならないと言えるでしょう。
もとより、高速道路の交通誘導員と同様に、事故に巻き込まれるリスク、暑さや寒さなどとの闘いも、一般道路における交通誘導のきついところです。

やりがい

一般道路での交通誘導員の仕事は人や車の安全にも配慮しながら仕事を進めなくてはいけません。通行人から道を尋ねられることもあり、仕事を通して社会貢献ができるのも交通誘導員ならではのやりがいです。
一般道路での交通誘導員の仕事は人や車の安全にも配慮しながら仕事を進めなくてはいけません。通行人から道を尋ねられることもあり、仕事を通して社会貢献ができるのも交通誘導員ならではのやりがいです。
また、通行人から理不尽なクレームを聞かなければならないことがある、と説明しましたが、逆に、通行人から感謝の言葉をもらえることも少なくありません。地域の人たちの生活に役立っているという実感が、仕事のやりがいにつながることでしょう。
さらには、長く自分の担当した現場の工事が事故なく終了するにいたったときには、「仕事をやりとげた!」という格別の充実感を得られます。この充実感ゆえに、交通誘導員の仕事をやめられないという人も少なくありません。

Nさんの1日

一般道路での交通誘導員の仕事の流れはいったいどのようになっているのでしょうか。今回アクティサポート様の従業員Nさんにインタビューを行い、出勤日の一日を起床から就寝まで掲載しています。

交通誘導員のお仕事Navi
~高速道路編~

交通誘導員のお仕事Navi~高速道路編~

高速道路での交通誘導の仕事は、一般道路での仕事ともやや異なります。車両専用道路ですので歩行者との関わりはほとんどなくなりますが、車の走行スピードが速いため、危険とも隣り合わせです。高速道路での交通誘導の仕事のやりがいなどについてご紹介しましょう。

高速道路での交通誘導員の仕事は主に2つ。「通行止めした高速道路での車両誘導」と「通行止めしていない高速道路での車両誘導」です。

「通行止めした高速道路での車両誘導」とは、具体的には、高速道路の通行止めした区間内の出入りする工事車両の誘導のこと。一般車両の誘導はありません。

「通行止めしていない高速道路での車両誘導」とは、具体的には、工事区間の横を通行する一般車両の注意喚起や車線変更誘導、および、工事区間内を出入りする工事車両の誘導です。

いずれも高い集中力を要求される仕事ですが、特に「通行止めしていない高速道路での車両誘導」は、高速の一般車両を適切に誘導することから、常に緊張して業務にあたる必要があります。

きついところ

高速道路での交通誘導は、車の走行スピードが速い危険と隣り合わせの現場での仕事となります。一般道路よりも集中しなければいけないため、疲労感が大きいのはきついところといえるでしょう。
高速道路での交通誘導は、車の走行スピードが速い危険と隣り合わせの現場での仕事となります。一般道路よりも集中しなければいけないため、疲労感が大きいのはきついところといえるでしょう。
また高速道路は、天候の影響をダイレクトに受ける場所なので、「冬は極寒、夏は猛暑」という過酷な労働環境となります。長時間現場にいると、体にはかなり堪えるのですが、それでも集中力はキープし続けなければなりません。
ほかにも、トイレが近くにない場合には、事前にしっかりと用を足しておくなどの自己管理が必要。高速道路の交通誘導員は、やりがいのある仕事である分、きつい仕事であることも招致しておかなければなりません。

やりがい

仕事がきつい分、やりがいもたくさん感じることが出来るのが、交通誘導員という仕事です。高速道路の現場では、一般道路とはまた違ったやりがいを感じることができ、社会貢献にも役立つことが出来ます。
仕事がきつい分、やりがいもたくさん感じることが出来るのが、交通誘導員という仕事です。
何よりも大きなやりがいが、「自分の仕事が社会に役立っている」という実感でしょう。世の中にはたくさんの道路がありますが、それらの中でも、高速道路は物流や観光などの「移動」の大動脈。自分の仕事が社会の大動脈を守っている実感は、高速道路の交通誘導の大きなやりがいになることでしょう。
また、一般道路の交通誘導に比べて給料が高めな点も、高速道路の交通誘導のやりがいかもしれません。頑張れば頑張った分だけ、きちんと給料に反映される仕事です。

Eさんの1日

高速道路での交通誘導員の1日の仕事について、アクティサポートのEさんにインタビューを行いました。起床から出勤、勤務中、アフター5、就寝まで、1日の流れについてまとめています。

交通誘導員の仕事への
不安

Yes or No

交通誘導員という仕事に対して、さまざまな噂や口コミを見聞きし不安に感じている方も多いのではないでしょうか。例えばトイレに行けないと聞くけど本当なのかどうか?通行人とかかわることはあるのか?など。ここではその不安に対して現在の実情をご紹介していきます。

トイレに行かせてもらえないって本当?

交通誘導員はトイレに行かせてもらえないという話がありますが、実際にトイレが近くになくトイレに困るという場合があります。そういった場合には、現場の人の作業車などで近くのトイレまで連れて行ってもらうことが出来ます。

通行人と関わることってあるの?

一般道路での交通誘導の仕事の場合、通行人から道を尋ねられることがあります。また、丁寧に仕事をしているだけでも人から直接「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられることも。交通誘導員ならではのやりがいですね。

事故に巻き込まれることってあるの?

交通誘導員の事故は多いです。そのため、事故に巻き込まれることのないように安全に配慮する必要があります。高速道路での交通誘導はもちろんのこと、一般道路でも同じく気を抜くことはできません。

夏場の熱中症対策は大丈夫?

夏場の交通誘導は熱中症対策が重要です。作業時の暑さを軽減できる空調服を着用する、水分と塩分を十分にとるなどによって熱中症を防ぐことが出来ます。勤務日前日には体調を万全に整えておくことも大切です。

働いている人が底辺って本当?

底辺の仕事だと言う人もいる、交通誘導員の仕事。外気の影響を受けやすい環境で勤務するため、デスクワークと比べると大変な仕事と言えます。しかし、営業職や事務職などから転職する人も多く、働き方次第では会社員よりも稼ぐことも可能。一概に、働いている人が底辺とは言えないのです。

交通誘導員は雨天決行?

外での仕事が主となる交通誘導員の仕事。雨の日の仕事はどうなるのか、と気になっている方も多いでしょう。実際の現場では、雨の日に仕事が中止になるかどうかは現場によるところが大きいようです。この記事では、現場で実際に行っている雨対策についても詳しく紹介していますので、あらかじめしっかり備えておきましょう。

交通誘導員の夜勤って大変?

夜間に工事を行う現場もありますから、交通誘導員の仕事は日勤だけではありません。そこで、夜間の交通誘導員の仕事について解説。夜勤にはどのようなメリットやデメリットがあるのかについて見ていきましょう。もしかすると、日勤よりも夜勤の方が性に合っているかもしれない、と感じるかもしれませんね。

交通誘導員は対人関係によるストレスはある?

どんな職場で働くとしても、どのような人間関係なのかは非常に気になるポイントです。やはり人間関係が良い方が気持ちよく仕事ができますよね。そこで、交通誘導員の仕事では、周りの人たちとどのようにコミュニケーションをとっていくことになるのかを解説。加えて、仕事をする上でストレスを感じてしまった場合の対処方法について紹介します。

交通誘導員は腰痛になりやすい?

交通誘導員は立ちっぱなしであることから腰痛やヘルニアを起こしやすいと言われています。そこで、どんなことが腰痛の原因になるのかという点や、腰痛を予防する方法などを紹介しています。一度腰が痛くなると長く続いてしまうこともありますので、あらかじめ対策方法を覚えておいて、気づいたときに実践すると良いでしょう。

交通誘導員の誘導で起きた事故の責任は?

万が一、交通誘導を行っている間に事故がおきてしまったら、と考えることはありませんか?その責任はどこにあるのか、自分が責任を取るのか…と不安になってしまいますよね。この記事では、誘導によって起こってしまった交通事故の責任の所在について解説します。実際に起きた事故の例についても取り上げながらまとめました。

交通誘導員に将来性はあるの?

どのような仕事に就く場合でも、その仕事の「将来性」は非常に気になってしまう部分です。将来の収入はどうなるのか、この先も仕事を続けていけるのか、などさまざま考えてしまうかもしれません。そこで交通誘導員にはどのようなニーズがあるのか、そして交通誘導員として働く上でのメリットなども交えながら将来性について見ていくことにしましょう。

交通誘導員は長時間立ちっぱなしって本当?

工事現場の交通誘導員は、常に立ったまま仕事をしているイメージがある方も多いでしょう。実際に、交通誘導員はずっと立ちっぱなしで仕事をしているのか?という点に迫りました。休憩はどれくらい取れるのかという点についても調査。また、何れにしても立っていることが多い仕事であることから、足の痛みを防ぐ方法についても紹介しています。

交通誘導員の給料が低いって本当?

交通誘導員はどのくらいの給料なのかという点も気になりますよね。そこで、交通誘導員の給料について調査しました。どのような要素が年収に関わってくるのか、そして収入をあげるためにはどんな工夫ができるのか、という点についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

交通誘導員は社会保険に入れるの?

万が一の時に、従業員やその家族を守ってくれるのが社会保険。交通誘導員の仕事をはじめる上では、この社会保険に入れるのかどうか、という点は非常に大切なポイントになってきます。この記事では、社会保険の勧誘条件や加入するメリットを交えながら、交通誘導員は社会保険に入れるのかどうかという点についてまとめました。

交通誘導員の仕事をしている
スタッフの

交通誘導員で働くスタッフの声

ここでは、交通誘導員の仕事を選んだ人たちの口コミ・評判を紹介しています。

「キツイ」「しんどい」「大変」と言われがちな交通誘導員。どのような心境で働いているのか、良かったこと、大変だったこと、応募前と実際に勤務した後の心境の変化なども綴られていますので、ぜひ参考にしてみてください。

やりがいがあり充実した日々を過ごせた

大きなアウトレットの入り口で交通誘導するというアルバイトをしました。自分の判断ミスで交通渋滞が起きてしまうというプレッシャーがある中で、お客様に快適にショッピングをしてもらいたい、気持ちよく誘導出来たらうれしい、という気持ちが湧きあがってきて、体力的にはそこそこきつい仕事だったのですが、やりがいがあるので充実した日々を過ごせました。

口コミ参照元:モッピーバイト https://moppy-baito.com/taiken/8307/

早起きが苦手でも続けられた

朝が早いので起きるのは正直非常に大変だったのですが、あまり大変な業務内容ではなかったので続けられました。いい人ばかりで雰囲気もよかったですし、基本的に同じお客様なので顔を覚えていただき、気持ちよく挨拶していただいたり、時には話しかけてもらうこともありました。

口コミ参照元:モッピーバイト https://moppy-baito.com/taiken/8194/

夜間のバイトはラクチンでした

大きな立体駐車場での話ですが、仕事自体は23時くらいを境に朝の6時くらいまでほとんどすることがなく、朝まで時間をつぶしていました。とっても楽ちんな仕事でしたよ(笑)

口コミ参照元:モッピーバイト https://moppy-baito.com/taiken/6953/

女性はトイレが大変

交通誘導警備員をしていた時のお話しですが、当時はお給料も良く、夜勤も頑張れば月に30万円くらいいく時もありましたが、なによりも女性ならではの苦労が。。。それはズバリ「トイレ」です笑。

場所によって近くにコンビニなどもない所もあるし、私も恥を偲んで民家に突撃…なんて事もありました。

やっぱり我慢するくせがつきやすいので、膀胱炎に注意ですね。

口コミ参照元:モッピーバイト https://moppy-baito.com/taiken/413/

しっかり声を出して誘導すれば問題なし

港区内の立体駐車場のパーキングスタッフとして働いていたことがあります。未経験からはじめましたが、研修もあったのですんなりスタートできました。しっかり声を出して誘導できれば問題ありません。まれに、お客さんのかわりに運転を頼まれる場合がありました。高級だったりすると緊張します(笑)

口コミ参照元:モッピーバイト https://moppy-baito.com/taiken/43/

昼夜連続勤務でかなりの収入も実現可能

年齢の制限はほぼ無いですね。未経験の80歳の採用も聞いたことがある。稼ぎたければ昼夜の連続勤務でかなりの収入も可能。仕事を覚えてきちんと誘導してれば工事業者から、次も来てねと言ってもらえる職場環境です。

口コミ参照元:honne.biz http://honne.biz/job/b1315/2/

悪天候の中でも交通誘導をしなくてはいけないのが大変

台風の中でも交通誘導をしなくてはいけない。年配の男性や中学生から、立っているだけで給料貰えて楽だなとか安月給とか言わる。管制の好き嫌いでシフトの入り方がある。

口コミ参照元:honne.biz http://honne.biz/job/b1315/3/

給与が毎月違うから不安

交通誘導警備の給与は給与が毎月、違うので工事が中止になれば交通費のみ。 病院の駐車場や観光地は常駐なので給与は決まっており安心出来るが安い。 給与が安いのは契約先に他の警備会社よりも入札で抑えられ従業員には給与が安いのは仕方ない。 給与は18万円月収が最高。

口コミ参照元:honne.biz http://honne.biz/job/b1315/4/

感謝の言葉がやりがい

作業員さんのスピードが早いと2、3時間で終わる事ですかね。日給なので、時間に左右されずにお金が大量に貰えるのはやはり嬉しいところです。交通誘導の時におばあさんに腕を掴ませて連れていった時も、涙を流しながら「ありがとう」と言われて、やってて良かったなと思います。

口コミ参照元:honne.biz http://honne.biz/job/b1315/14/

賞与年3回の高待遇!
アクティサポートの交通誘導員の仕事を深掘り

アクティサポートの交通誘導員は待遇の良さが大きな特徴に挙げられます。賞与は年3回の好待遇で、交通誘導警備業務検定の取得も奨励。講習会なども実施しており、キャリアアップを図ることが出来る環境も整っているのです。ここでは、アクティサポートの人事・先輩からのメッセージ、エリアごとの現場や給料の目安についてご紹介していきます。

人事からのメッセージ

アクティサポートではゼロから警備のプロになれる研修制度を用意しており、幅広い研修で皆さんの成長をサポートしています。また、スキルアップをしたい方もサポートし、警備に関する資格取得費用もすべて会社が負担。積極的にスキルアップに取り組んでいただけます。

先輩からのメッセージ

警備業務はニッチな職種となるため自分にできるのか自信のない方もいると思います。当社には、何かあれば気兼ねなく相談に乗ってくれる上司や先輩ばかりなので安心です。未経験でも全く問題ありません。

【エリア別】アクティサポートの求人情報一覧

東京都の求人例

東京都エリアでは、一般道路・高速道路での交通誘導スタッフの募集を行っています。入社祝い金5万円、賞与年3回の高待遇で、月給18万円以上が目安です。高速道路での交通誘導は一般道路よりも月給が高く、25万円が目安となっています。

静岡県の求人例

富士市を中心として高速道路の交通誘導スタッフの募集を行っている静岡県エリア。高速道路での交通誘導の月給の目安は24万円です。入社祝い金5万円の支給もあります。

岩手県の求人例

盛岡・花巻の現場を中心として、岩手県では高速道路の交通誘導スタッフを募集しています。日給は1万円以上で月給24万円が目安です。入社祝い金5万円の支給、賞与年3回の好待遇となっています。

新潟県の求人例

上越市、新潟市を中心に高速道路の交通誘導スタッフの募集を行っている新潟県。週二日からの勤務も可能で、日給は1万円以上です。月給は24万円が目安となっており、入社祝い金5万円の支給と賞与年3回の好待遇となっています。

広島県の求人例

中国自動車道・山陽自動車道の現場を中心として、広島県では高速道路の交通誘導スタッフを募集しています。日給は1万円以上で月給24万円が目安です。入社祝い金5万円の支給、賞与年3回の好待遇となっています。

埼玉県の求人例

東北自動車道の現場を中心として、埼玉県では高速道路の交通誘導スタッフを募集しています。舗装補修工事やPAの改修工事などが多く行われていることから交通誘導員が活躍する場面も多くあります。

神奈川県の求人例

東名・圏央道・新湘南バイパスの現場を中心として、神奈川県では高速道路の交通誘導スタッフを募集しています。東京に近く、重要な高速道路が多く存在するため、現場の数も豊富です。

宮城県の求人例

仙台エリアの現場を中心として、宮城県では高速道路の交通誘導スタッフを募集しています。日給は1万円以上で月給24万円が目安です。入社祝い金5万円の支給、社員寮完備など好待遇となっています。

交通誘導員に
なれない人もいる

交通誘導員は実は誰でもなれるわけではありません。では、交通誘導員になれない人とはどのような人なのでしょうか。

警備業界には、実は警備業法というものが明確に定められています。この警備業法に定められている欠格事由に当てはまる人は、残念ながら警備員になることが出来ません。

  • 18歳未満
  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 過去に禁固以上の刑または警備業法の規定に違反し罰金刑となり、なおかつ処分から5年が経過していない
  • 直近の5年間で警備業法に違反
  • 暴力団とかかわりがある
  • アルコール・薬物中毒者

また、外国人は警備員になれないと勘違いされることがあるのですが、外国人でも国籍関係なく警備員になることは可能です。

ここで注意すべきなのは滞在期間について。滞在期間の関係によって長く務めることが出来ないという可能性も考えておく必要があるでしょう。

交通誘導員に
前職調査があるってホント?

交通誘導員含む警備員には前職調査があります。履歴書に嘘がないかどうかを調べるために行われるものです。入社前・入社後にかかわらず調査されるため、履歴書には必ず事実のみを書くようにしましょう。偽が知られれば、内定は取り消しになってしまいます。

交通誘導員として
デビューするまでの道のり

交通誘導員としてデビューするまでの道のりについて解説していきましょう。

基本的な流れは、応募、面接、採用、法定研修、勤務開始です。
では順番にこれらを一つひとつ解説していきます。

応募

気になる警備会社にまずは応募するところから始まります。警備会社をリストアップし、待遇面などを見比べながらより良いところに応募しましょう。

面接

交通誘導員は面接のときに身だしなみ・言葉遣いはしっかりとチェックされます。スーツで面接に挑むのが無難でしょう。髪の長さもチェックされる場合があるため、HPに載っている写真の人物の髪の長さを参考にする等して、注意を払うようにしておくとよいかもしれません。

採用

面接の結果、交通誘導員として仕事を任せられると判断されれば採用となります。

法定研修

警備員には実は法定研修というものが義務付けられています。警備員の仕事に初めて就職する場合、新任研修と呼ばれる研修を受けなくてはなりません。短期のアルバイトであっても同様です。

新任研修は、累計20時間「基本」「実務」「実技」「現場研修」で構成。警備の仕事をするうえで最低限必要となる知識について学びます。内容は、警備の仕事に関する法律や事故が発生したときの対処方法、救命処置などです。

勤務開始

法定研修を終えると、いよいよ警備員としての勤務がスタートします。

アクティサポートからのコメント

sponsored by
株式会社アクティサポート
警備部 課長山内さん

アクティサポートからのコメント

弊社では、交通誘導員未経験者の内定者が安心して勤務するためのフォローも実施。入社前の法定研修とオリエンテーション (4日間・計25H)にご参加いただいた方には、26,250円支給しています。

交通誘導員未経験の方が多く活躍している職場で、一般道路よりも日給の高い高速道路でのお仕事もたくさん用意しています。土日祝はもちろん、GW・お盆・年末年始といった長期休暇もしっかり休めるお仕事です。無理をし過ぎずしっかり稼ぎたい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

アクティサポートの最新の求人を見る

交通誘導員の仕事
これからのニーズは?

これからのニーズ

年々技術の進歩が進み、仕事のAI化も徐々に増えてきている日本。そんななか、交通誘導員の仕事はこれからもニーズがあるのでしょうか。最近は新型コロナウイルスの蔓延により仕事量が減少している業種も少なくありませんが、交通誘導員は少し異なるようです。ここでは交通誘導員のこれからのニーズについて解説します。

もともと人手不足の業界のためコロナ禍でも募集は多い

交通誘導員の仕事は体力面・健康面共に重要なためあまり長く続かない人も多く、常に人手不足の業界です。口コミにもあるように、年代問わず定年退職後の年齢でも採用されます。現在のコロナ過でも募集が多く、社会には欠かすことのできない仕事です。

国際的なスポーツの祭典にかかわる仕事の増加も期待できる

今後、国際的なスポーツの祭典にかかわる仕事の増加も期待できます。人がにぎわうようになり交通量も増えれば交通誘導員の仕事が増えてくることは容易に想像できるでしょう。

アフターコロナの外国人観光客の増加

日本では、アフターコロナのインバウンドの強化を予定しています。新型コロナウイルスの影響によるトレンド変化を踏まえた訪日旅行のイメージアップを行うとともに、訪日外国人旅行者を誘客する予定です。アフターコロナの外国人観光客の増加により、交通誘導員の仕事のニーズも増えていくでしょう。

ホームセキュリティの普及

近年、個人の住宅でも警備会社を入れるケース、いわゆるホームセキュリティが増えてきています。今後さらにホームセキュリティが普及してくれば、警備員のニーズもさらに高まっていくでしょう。防犯カメラやコンピュータ制御、AI警備システムも普及してきているため、システムの扱いに長けた人材が重宝されていくことが予想されます。

警備業界に
取り入れられる技術とは

警備業界や交通誘導の現場にはさまざまな技術が取り入れられています。現在の警備業では、モノと情報、そして人の高度な連携により成立しており、ICT利用の高度化や、サービスの品質向上に直結しているといっても過言ではありません。

交通誘導の現場で取り入れられている技術の例として挙げられるのが、自立走行型の警備ロボットやドローンです。監視カメラやセンサーなどと連携して動き、すべての情報をコントロールセンターに集約することにより事故防止などにつなげています。

交通誘導員あるある

最後に、交通誘導員あるあるをご紹介します。交通誘導員として仕事を始めたときに思い出すと「確かにある!」と納得するかもしれません。

  • 小さい子供が手を振ってくる
  • 近所の小学生やおばあちゃんと仲良くなる。
  • 道に詳しくないのに道を尋ねられる
  • 誘導灯は1人数本持っている
  • 携帯の電池の減りが早い
  • 勤務者は50~60代が多い
  • 集合時間より早く来過ぎて時間を持て余す
  • 誘導中に何故かわざわざ近くを通って『危ねえだろ!』って言ってくる人がいる。
  • 片交の時にパトカーが通ると緊張する